いいモノほしいモノ展_ss300x330-02.jpg

ちょっと楽しい暮らしの提案
今に続く工芸「いいモノほしいモノ」展

主催 一般財団法人熊本県伝統工芸館

 現代まで作り続けられてきたくまもとの伝統工芸品。日々の暮らしで楽しむ新たな提案!!

◇入 場 料 : 一般210円(140) 大学生130円(100)
高校生以下無料( )内は20名以上の団体料金

iimonohoshimonoten-01.jpg iimonohoshimonoten-02.jpg

【 主  催 】 一般財団法人熊本県伝統工芸館
【 会 期 】 平成27年7月14日(火)~8月30日(日)
【 休館日 】 月曜日(祝日または休日の場合は、その翌日)
【 会 場 】 熊本県伝統工芸館 2階企画・常設展示室
    〒860-0001 熊本市中央区千葉城町3-35 
    電話096-324-4930

開催主旨

 今、私たちの暮らしは、生産効率最優先の結果、安価ですぐ飽きのくるモノに溢れています。確かに、手間が省け、便利で、気軽に使えるモノは、忙しく立ち働く生活にマッチしているかもしれません。しかし、そのようなモノだけでいいのでしょうか。
 いつまでも切れ味鋭い包丁がほしいな、お気に入りの小物を入れる竹籠はないかな、手料理をゆっくり味合う器があればいいなといった、自分の好みにあった納得の一品は、私たちの暮らしを心豊かにし、楽しく演出してくれます。
 熊本には、これまで各地域の風土や歴史の中から数多くの工芸品が生まれ、今も作り続けられ、使い続けられているものがあります。
 これら熊本の伝統工芸品の中から、私たちの部屋や食卓にあって心地よく、毎日使うことで愛着がわき手放せなくなる、少しだけ「いいモノ ほしいモノ」を意識しながら、現代の私たちの暮らしにどう生かしていくか、伝統工芸館が収蔵する品々を中心に提案し、楽しみたいと思います。


出品内容 

「ちょっと熊本の伝統工芸を学んでみよう」
「ちょっと楽しい暮らしの提案」
「ちょっと楽しい生活に“くらしの工芸展”」