sign.png

お問い合わせ先

涼しいゆかたと来民うちわ展表.jpg涼しいゆかたと来民うちわ展裏.jpg

※画像をクリックで拡大します

涼しいゆかたと来民うちわ展
会期:平成24年6月8日(金)~7月1日(日)
会場:2階常設特別展示室



[主 催]
一般財団法人熊本県伝統工芸館
[出品協力]
黒川温泉観光旅館協同組合
熊本市立必由館高等学校 服飾デザインコース(生徒作品)
坂口染工場(石川県)
有限会社 栗川商店


会  場 /熊本県伝統工芸館 2階常設特別展示室  
休 館 日/月曜日(祝日または休日の場合、翌日が休館日になります)
開館時間 /午前9時~午後5時
入 場 料 /一般200円(140円) 大学生130円(100円) 高校生以下無料
       ()内は20名以上の団体料金 

●開催主旨

 日本の夏の風物詩、「浴衣」。蒸し暑い熊本の夏には、最高の姿着です。
 もともとは、夏の略装だった浴衣ですが、和服を着ることが珍しくなった現代では、花火大会や盆踊りの夏の行事で多く着用されるファッションとなりました。今では伝統的な紺色以外にも、カラフルな色やデザインが取り入れられ、浴衣の袖や裾のゆれる表情や、浴衣に合わせて履く下駄の音とあいまって、夏の華やかな存在となっています。
 今回は、県内の旅館や温泉場で愛用されている人気「浴衣」や、現代の高校生がデザイン・染色・縫製した「浴衣」、伝統工芸の産地、石川県で伝統的な手法で作られた「浴衣」などを紹介します。
 また、浴衣と並ぶ夏の風物詩、「うちわ」として、山鹿市で作られている熊本県の伝統的工芸品である「来民うちわ」を紹介します。
 現代感覚も取り入れた「浴衣」と「うちわ」をご覧いただき、夏の季節と涼を感じていただきたいと思います。

●出品協力
黒川温泉観光旅館協同組合
熊本市立必由館高等学校 服飾デザインコース(生徒作品)
坂口染工場(石川県)
有限会社 栗川商店