2016_20170223kikakuten_ss300x330-01.jpg


熊本県伝統工芸館 熊本地震復興特別企画
道具プロジェクト (後期)
第Ⅱ部
心の道具

【主催】一般財団法人熊本県伝統工芸館

【会期】

◇第Ⅱ部
平成29年2月23日(火)から平成29年3月20日(月・祝)まで

【会場】熊本県伝統工芸館 2階企画・常設展示室

心のための道具とはなにか

 人は、ある時期から食べることだけでなく、「心」の充足を求めるようになった。そして、家族の幸福や豊猟を祈るために土偶をはじめとする「心のための道具」を作りだした。
 2016年、熊本は大震災にみまわれ、人々はあらためて「生きる」ことに向き合った。
 それにより、身近にある物、思い出とかかわる品、手に馴染んだ道具の大切さに、あらためて気づき感謝した。
 数万年の時を経た現在でも「心のための道具」は、生きるために不可欠な道具であり続けている

【入 場 料 】
一般210円(140) 大学生130円(100)
高校生以下無料  ( )内は20名以上の団体料金

眞田岳彦
心の震災支援衣服作品
プレファブコート・ライスKUMAMOTO
第Ⅱ部
平成29年2月23日(木)から
平成29年3月20日(月・祝)まで

地震を体験した熊本の方々約300人のアンケートを参考に制作した「プレファブコート・ライスKUMAMOTO」。
熊本県産米、藁、籾穀などを含んだ災害備蓄用シートで、用途に応じて、レインコート、敷物、カーテン、覆いなどに変化させることができます。
熊本県内の施設や学校、被災された方々を中心に寄贈します。

2016_20170223kikakuten-01_ss300x330-01.jpg
プレファブコート・ライス展示風景

心を繋ぐ 震災支援繊維
プログラム
平成29年2月23日(木)から平成29年3月20日(月・祝

「心の布」は、眞田岳彦が2004年より実施している心のケア活動。震災後の心のケアを繊維によって行います。
この「心の布」を熊本地震後も実施。震災から1ヶ月後に、熊本県伝統工芸館とともに綿の種を県内施設等、約200人に配布。栽培し収穫した木綿「くま綿」や、収穫した木綿を古くから伝わる道具「紡錘(ぼうすい)」により紡いだ糸、栽培記録などを展示紹介します。

参加学校/施設
南阿蘇村の人達、和水(なごみ)町教育委員会、熊本県立聾学校、
西原村立山西小学校、西原村教育委員会、熊本YMCA、
熊本デザイン専門学校、熊本県伝統工芸館職員他

2016_20170223kikakuten-02_ss300x330-01.jpg
くま綿

心の道具
熊本で発掘された貴重な文化財
第Ⅰ部・第Ⅱ部
平成29年1月5日(木)から平成29年3月20日(月・祝)まで

豊穣への願いを込めて作られた土偶と土器を展示。豊穣や繁栄を願う思い、健やかに生きたいという
強い思いから生まれた祭事の道具は「心の道具」とも呼ばれています。


2017企画展第Ⅰ部-03_ss300x330-01.jpg
熊本県出土の土偶
熊本県教育委員会所蔵

現代にひろがる心の道具
熊本に伝えられてきた工芸品
第Ⅰ部・第Ⅱ部
平成29年1月5日(木)から平成29年3月20日(月・祝)まで

近代、現代に民衆に広がった心の道具を紹介。船の安全航行を祈願した船霊、川に流した精霊船、
カセトリ(藁馬)、藁縄マト、七夕の綱の飾り物を展示します。


2017企画展第Ⅰ部-04_ss300x330-01.jpg
精霊船
熊本市立熊本博物館所蔵

[企画展示] 道具の原点から現代の私たちが何を学ぶべきかを展示で提案
工芸家たちによる道具と料理人によるシイの実料理
現代の道具をうむ

第Ⅰ部・第Ⅱ部
平成29年1月5日(木)から平成29年3月20日(月・祝)まで

熊本は、縄文時代にも大きな災害に遭っています。その後、再び生活文化を築く際に重要な食材となったのがドングリです。今回は「熊本の生活文化の復興」というメッセージを込め、“復興のシンボル”とも言えるドングリ(ブナ科の堅実の総称)の中からシイの実を素材とし、熊本で活躍する工芸家と料理人がチームを組んで、【シイの実料理のための道具】と【シイの実料理レシピ】を作りました。
今回考案されたシイの実料理は各店舗にて期間限定メニューとして提供されます。 

福山修一8x10.jpg宮本けんしん8x10.jpg出口文教8x10.jpg城野聖奈8x10.jpg吉村 純8x10.jpg高本 純 _差替え写真.jpg渡辺和幸8x10.jpg
左から、福山修一(木工家)、宮本けんしん(イタリア料理「リストランテ・ミヤモト」)、出口文教(陶芸家)、スイーツセラピスト城野聖奈、彩食料理人 吉村 純(お菓子のアトリエとカフェ「しましまの木」) 、高本 純(染織家)、渡辺和幸(日本料理「四季彩厨房・はなうさぎ」) 


240x300現代の道具-01.jpg福山修一×宮本けんしん

240x300現代の道具-02.jpg出口文教×城野聖奈・吉村 純

240x300現代の道具-03n.jpg高本純×渡辺和幸

2017企画展第Ⅰ部-05_ss300x330-01.jpg2017企画展第Ⅰ部-06_ss300x330-01.jpg2017企画展第Ⅰ部-07_ss300x330-01.jpg2017企画展第Ⅰ部-08_ss300x330-01.jpg


【 休館日 】  月曜日(祝日または休日の場合は、その翌日)
【 会 場 】  熊本県伝統工芸館 2階企画・常設展示室
         〒860-0001 熊本市中央区千葉城町3-35 
         電話096-324-4930