HPlogo300xs.jpg

◇常設ショップ
工芸ショップ匠


2018-2omote_HP用チラシサイズ.jpg
2018-2ura_HP用チラシサイズ.jpg
2018_kikakuten_take_300x330.jpg

熊本県伝統工芸館収蔵品展
くまもとの竹工
~生活用具から農具・漁具まで~

主催】
 熊本県伝統工芸館

【開催期間】
 平成30年6月5日(火)~6月24日(日)


【入 場 料 】
 一般210円(140) 大学生130円(100)
 高校生以下無料  ( )内は20名以上の団体料金

開催趣旨
私たち日本人は、古くから「竹」という身近な素材を巧みに利用して生活の中に取り入れてきました。
全国でも有数の竹の産地である熊本でも、広く天草、八代、玉名、南関、人吉地域などで、台所の道具、農作業の道具、漁業の道具など様々なものが編まれ、使われてきました。
熊本の竹細工の特徴は、自然の青い竹をそのままに、注文に応じて多種多様の道具を編むことで、青物と呼ばれました。それらのものは、その土地の暮らしぶりや当時の地域社会のあり様を物語っています。
今回、当館が1982(昭和57)年に開館して以来収蔵してきた竹細工品を紹介することで、職人たちの手技の素晴らしさと、竹が作り出す豊かな空間を味わっていただければと願い、この展覧会を開催いたします。


【 休館日 】  月曜日(祝日または休日の場合は、その翌日)
【 会 場 】  熊本県伝統工芸館 2階企画・常設展示室
         〒860-0001 熊本市中央区千葉城町3-35 
         電話096-324-4930