rogo2015_330x100.jpg

くらしの工芸展アーカイブ

こちらのページでは
過去の『 くらしの工芸展 』受賞作品をご紹介しています。

第1回くらしの工芸展1983   入賞作品

【入賞者】(敬称略)
熊日賞(グランプリ)/「小代布目角皿セット」(陶芸)/福田豊水
審査にあたっては四つのモノサシが使われた…
四つのモノサシは分野別に用いられた。原点復帰をねらいに民芸には「誂え」のモノサシが、技術向上、産業振興をねらいに伝統工芸には「技術」のモノサシが、創作工芸・クラフトには「デザイン」のモノサシが、そして手芸ホビークラフトに対しては「遊び」のモノサシが、それぞれにつかわれた。五つのモノサシで選ばれたくらしの工芸は「技術も様式もバラエティーに富んでおり、見ても楽しいが使ってみたらさらに楽しいだろう。

秋岡芳夫

県伝統工芸館賞/「三ッ組蓋物」(木工)/松本正親
熊本県賞/「透し鉄線花文ペンダント(裏散桜紋)」(金工)/山品光義
熊本市賞/「あかりシリーズⅠ~Ⅴ」(ガラス)/高光俊信
県伝統工芸協会賞/「しのぎ組水注」(陶芸)/井上泰秋
奨励賞/「ランチョンマット」(染織)/今井久美子
 〃  /「家庭用包丁3本セット」(金工)/小山博行
 〃  /「紙押えうさぎ(肥後象眼)」(金工)/関維一
 〃  /「書箱」(ガラス)/寺尾清美
 〃  /「室内小物入篭」(竹工)/中島司
 〃  /「パーソナルトレー角5枚組「(木工)/永田勝康
 〃  /「そば猪口」(陶芸)/濱崎郷子
 〃  /「色漆塗みかん皮おつまみ入れ」(漆芸)/深水基
 〃  /「焼締象嵌百合紋組鉢」(陶芸)/福吉浩一
 〃  /「からくり小箱」(木工)/古島隆
 〃  /「パッチワーク・キルト」(染織)/三沢幹子
 〃  /「ティースプーンセット」(木工)/安間邦昭
 〃  /「紋織「リーブス」」(染織)/山内泰人
 〃  /「文箱(桐箱付)」(木工)/吉田晴義
 〃  /「草木染め筒描き着尺題」(染織)/吉村美子

※掲載情報は開催当時のものです。