熊本県伝統工芸館

天草陶磁器 あまくさとうじき」ってなあに?

あまくさとうじき

天草陶磁器あまくさとうじき花瓶かびん

天草陶磁器あまくさとうじきは、天草地方あまくさちほうかれているやきものです。
天草あまくさでとれる天草陶石あまくさとうせきつちから つくられます。
天草陶磁器 あまくさとうじき国指定くにしてい伝統的工芸品でんとうてきこうげいひんです。

 

天草島内 あまくさとうないでは、延宝 えんぽう4 ねん(1676)には、内田皿山焼 うちださらやまやき磁器 じき かれていることが古文書 こもんじょからわかっています。
また、宝暦 ほうれき12 ねん(1762)には、高浜村 たかはまむら庄屋上田家 しょうやうえだけ肥前 ひぜん陶工 とうこう んで磁器 じき はじめていることが記録 きろく のこされています。

 

陶器 とうき明和 めいわ2 ねん(1765)に本土村 ほんどむら みず だいらにおいて岡部家 おかべけ はじめ、江戸後期 えどこうき金澤家 かなざわけ陶器窯 とうきがま はじめました。

天草陶磁器 あまくさとうじき産地 さんち

内田皿山焼 うちださらやまやき

 

高浜焼 たかはまやき

丸尾焼 まるおやき

 

みず平焼 だいらやき

磁器 じき陶器 とうきってどう ちがうの?

磁器 じき

くだいた陶石 とうせき主原料 しゅげんりょう つくられています。
陶器 とうきよりも かた ねっしやすく めやすいのが特長 とくちょうです。

 

磁器 じきは、純度 じゅんど たかくて良質 りょうしつ天草陶石 あまくさとうせき使 つかい、透明感 とうめいかんのある純白 じゅんぱくや、 いす 使 つかった木灰釉 もくかいゆうによるあたたかみのある風合 ふうあいの作品 さくひん特長 とくちょうです。

磁器

磁器 じきのコーヒーカップ

陶器 とうき

陶土 とうど粘土 ねんど)を主原料 しゅげんりょう つくられています。
ねっしにくく めにくいのが特長 とくちょうです。

 

天草長 あまくさ つくられる陶器 とうきは、性質 せいしつ ことなる釉薬 ゆうやくの2重掛 じゅうがけの技法 ぎほう もちいた「ナマコ ゆう」や「黒釉 こくゆう」を使 つかった作品 さくひんがあります。

陶器

陶器 とうきのコーヒーカップ(ナマコ ゆう

天草陶磁器 あまくさとうじき なにでできているの?

天草陶磁器あまくさとうじき材料ざいりょう

あまくさとうせき

天草陶石あまくさとうせき

天草陶石 あまくさとうせき

天草陶石あまくさとうせき天草陶磁器あまくさとうじき原料げんりょうです。

 

天草陶石あまくさとうせき元禄げんろくのころから砥石といしとしてされていましたが、正徳しょうとく2年頃ねんごろから佐賀さが長崎ながさき方面ほうめん供給きょうきゅうされ、全国ぜんこくひろまっていきました。

 

天草陶石あまくさとうせき比較的ひかくてき簡単かんたんくだくことができ、天草陶石あまくさとうせき使つかってつくられた磁器じきは、仕上しあがりがきとおった純白じゅんぱく強度きょうどがあります。
あの平賀源内ひらがげんない天草陶石あまくさとうせき絶賛ぜっさんしました。

地元産粘土 じもとさんねんど

天草あまくさでとれる地元じもと粘土ねんどです。

あまくさのねんど

page top