小代焼ってなあに?

小代焼 しょうだいやき」ってなあに?

小代焼しょうだいやき原料げんりょうは、鉄分てつぶんをのおおふく小代山しょうだいさんつち粘土ねんどにしてにしたものが使つかわれています。
素朴 そぼく力強つからづよ作風さくふう特長とくちょうで、釉薬ゆうやく成分せいぶん温度おんどによって、茶色ちゃいろくらあおうす黄色きいろ(クリームいろ)の小代焼しょうだいやきつくられています。

どこで つくられているの?

小代焼しょうだいやきは、熊本県くまもとけん北部ほくぶ荒尾あらお玉名周辺たまなしゅうへん)でおおつくられているよ。

しょうだいやきがおおくつくられているちいき

小代焼しょうだいやきおおつくられている地域ちいき

しょうだいやき 皿

小代焼しょうだいやきのおさら

 

しょうだいやき マグカップ

小代焼しょうだいやきのマグカップ

小代焼 しょうだいやきはどうやって つくられているの?

かたちつく

水簸 すいひ みずのなかで こまかい粘土 ねんど すななどを ける方法 ほうほう)した粘土 ねんどを「ろくろ」を使 つかって成形 せいけいし、乾燥 かんそうさせます。

素焼すや

800℃前後 ぜんご温度 おんど素焼すやきします。

 

釉薬ゆうやくをかける

藁灰 わらばい木灰 もくばい主成分 しゅせいぶんとした釉薬 ゆうやくをかけます。

げる

1300℃の高温 こうおんげます。

page top