山鹿灯籠ってなあに?

山鹿灯籠 やまがとうろう」ってなあに?

山鹿灯籠 やまがとうろう」は、「「和紙 わし」と「のり」だけで つくられる工芸品 こうげいひんで、灯籠 とうろう ちいさいサイズの有名 ゆうめい建物 たてもの つくられています。
また、山鹿灯籠 やまがとうろう あたま うえにのせて おどる「山鹿灯籠 やまがとうろうまつり」の千人踊 せんにんおどりは、 おおくの ひとがしっているお まつりです。

やまがとうろうのぶひん

かなどうろう

金灯籠 かなどうろう

 

山鹿灯籠

山鹿灯籠 やまがとうろう

山鹿灯籠 やまがとうろう つく灯籠師 とうろうし

山鹿灯籠やまがとうろう奉納灯籠ほうのうとうろう)をつくっている工芸家こうげいかさんを灯籠師とうろうしといいます。

 

灯籠師とうろうしになるためには、高等こうとう技術ぎじゅつ習得しゅうとく熟練じゅくれん必要ひつようで、一人前いちにんまえになるには十数年じゅうすうねんかかるといわれています。

 

灯籠師とうろうしは、4がつ大宮神社おおみやじんじゃでおはら

けてから、8がつ灯籠とうろうまつりの直前ちょくぜんまで奉納灯籠作ほうのうとうろうづくりに没頭ぼっとうします。

 

平成 へいせい24ねん12がつ山鹿灯籠振興会やまがとうろうしんこうかい設立せつりつされました。

灯籠師

山鹿灯籠制作風景やまがとうろうせいさくふうけい

山鹿灯籠 やまがとうろうまつり

毎年 まいとし8 がつ15 にちから17 にち未明 みめいにかけて おこなわれます。
各町内 かくちょうないの「奉納灯籠 ほうのうとうろう かざ け」で はじまり、「千人灯籠踊 せんにんとうろうおどり」が有名 ゆうめいです。

page top