熊本の工芸家紹介

sagyou.JPG【川尻刃物】
林 昭三(はやし しょうぞう)-熊本市-
1928年熊本市生まれ
3代続く鍛冶屋の4男として生まれ、徴兵で亡くなった兄に替わって昭和21年から4代目としてこの道に
川尻刃物で最も長い歴史を数える大ベテラン

 細川藩時代、職人町として栄えた熊本市川尻町。なかでも川尻刃物の歴史は古く、室町時代に“波の平行安(ひらゆきやす)”の流れをくむ刀鍛冶が始まりといわれている。

 今では数少ない鍛冶屋の中で、最も長く川尻刃物を作り続けているのが林昭三さんだ。林さんの包丁は、長年変わらない切れ味が特長。数十年使い込んだ菜切り包丁の研ぎ直しを依頼されることも多く「良いモノを作ると長持ちするから、儲けにはなりませんね」と苦笑いする。試しに研ぎ修理を終えた包丁の刃先を1枚の新聞紙に当てるとスッパリと切れ味抜群、長年使い込んだものとは思えないほど。

 型抜きによる単純工法で大量生産される包丁が主流の今、林さんが手作業で作る包丁は、せいぜい3日で10本程度。さらにプロ用となると、1本を作るのに3日がかりという。柔らかな鉄の中心に溝を空け、島根県で採れる良質の“安来鋼(やすきはがね)”を挟み込む。炉で熱を加え、1000℃に達したところで叩き付けて密着させていく。これが “割込み鍛造(たんぞう)”の手法だ。1500℃になると鉄が解けてしまうため温度の見極めが難しく、長年の勘がモノをいう。



temoto.JPG

粗砥石、中砥石、3種類の仕上げ砥石と5段階も重ねる研ぎ作業は、長年の勘がモノをいう

dougu.JPG

使う主な道具は刃を押さえるための火箸や鍛造に用いるカナヅチなど。中には明治生まれという年季の入った鍛造道具もある

sakuhin.JPG

日本刀のように美しい柳刃や完成まで3日を費やす中華包丁、家庭用包丁など長年変わらぬ切れ味の品がリーズナブルな価格で手に入る。
【※作家さん所有の作品です】

 加熱と鍛造を繰り返しベルトハンマーで叩きのばしながら整形し、ワラの灰の中で徐々に冷やしていくと、地金とハガネがキレイに定着。さらにカナヅチを使って叩いていくと、酸化鉄が落とされて刃はピカピカ。型にあわせて切り取って整形し、最後は研ぎを何度も重ねて仕上げていく。ちなみに焼き入れに使う燃料は、石炭を原料とするコークスや日本刀作りにも用いられる木炭にこだわる。「ガスだと費用は抑えられますが、炭素が逃げて質が落ちてしまう。ウナギを焼くのだって炭火で焼いたほうが美味しいでしょう?」
 これだけ手間のかかる作業だが、刃物は歪みやすいため少しでもキズが出来ると、やり直し。それでも林さんは、一人で工房を守り続けて来た。

 「儲けを優先したら続けられませんよ。でも、手作りでこその良さを理解してくれる方もいますから」。県外からの注文もあり、お礼の手紙が励みになっている。「鍛冶屋の修行は10年もすればなんとか形になるので、あとは本人の努力次第。失敗をしながら腕を上げていくものなんですよ。私自身、50代ぐらいまではまともな物は出来なかった(笑)。満足した段階が仕事の止めどきだと思うし、これから先も勉強でしょうね」肩書きを尋ねると「私はただの鍛冶屋です」と謙遜する林さん。40年近く使い続けているという大きな研ぎ機と同様に、まだまだ現役まっただ中だ。