熊本の工芸品

木工品の歴史
木工の技法には、正確な寸法を必要とし、物差を使って作る「指物(さしもの)」・ろくろ等を使って素材を回転させながら円形に挽き上げて作る「挽物(ひきもの)」・杉板等を割き、製品の形に曲げて作る「曲物(まげもの)」・木をくって作る「刳物(くりもの)」などがあります。
良材に恵まれた人吉・球磨地方では、挽物、曲物をはじめとする木工品が作られてきました。また、剣留工法(けんどめこうほう)という技法を用いた家具作りが現在も行われています。
緑川水系の木材の集散地であった川尻では、細川藩の時代には造船所が設けられ、木工業が発達しました。この地で醸造業が生まれた影響もあり、桶(おけ)や樽(たる)の生産が盛んになりました。
この他、熊本市では、戸田東蔭(善和)による象嵌(ぞうがん)の指物工芸や、徳永政男の欄間(らんま)彫刻など伝統を生かした製作が続けられており、氷川町では、古島隆が民芸家具を製作しています。

木工品木工品

人吉・球磨家具

挽物

ひのかわ民芸家具

木の根工芸

欄間彫刻

曲物