熊本の工芸品

欄間彫刻(らんまちょうこく)

製作.gif: 昭和初期  原材料.gif:クスノキ、ギンナン、ヤクスギ、ケヤキ


 楠、屋久杉などに「たたきのみ」で荒彫りし、彫刻刀で細かく彫り上げて仕上げられています。 厚板彫りにより立体的に仕上げられています。

 室町時代以降、武家屋敷を中心に広まったものが、明治中期には、一般庶民の家にも普及し始めました。熊本市の徳永政男は、7~12センチの厚板材に立体的にみせる手法で彫っています。

P0130-0178-FW01.jpg

人吉・球磨家具

挽物

ひのかわ民芸家具

木の根工芸

欄間彫刻

曲物