熊本の工芸品

曲物(まげもの)製造工程

原材料.gif ヒノキ、スギ、サクラの皮



1.製材

2.木取り
カンナをかけ3~4ミリ程の厚さの板にする。

3.煮沸
「煮沸釜」の熱湯で蒸す。

4.曲げ加工
板が柔軟になったところで製品の形になるように曲げる。
樫の木で作った「挟み木」で一枚一枚挟み、曲板が乾燥しないように毛布等にくるむ。

5.桜皮とじ
ハリで穴をあけ山桜の皮を通し、曲板を縫いとめる。

6.自然乾燥
”つっぱり”をはめ形を整えて夏は2日、冬は5日程乾燥する。

7.底入れ

8.仕上げ

松舟 博満
淋 正司

人吉・球磨家具

挽物

ひのかわ民芸家具

木の根工芸

欄間彫刻

曲物