熊本の工芸品

竹製品の歴史
熊本は豊富な竹資源に恵まれ、種々の竹製品が作られてきました。 熊本では工芸的な方向をとらずに、もっぱら農具や漁具のような、青物とも呼ばれる荒物に撤してきたところに特徴があります。竹の職人達は、かつては村々を回り、注文に応じて仕事をしたり、竹山に工房を作り仕事場とするものもありました。
竹細工の種類は多く、米あげ笊(しょうけ)・背負い篭・魚篭・ウケなどは全国的に広く分布するもので、専業の職人だけではなく、農家などでも自給的に作られていました。県内では日奈久、水俣、宇城、天草など各地で生産が続けられています。
芦北郡芦北町で大正末期からつくられているLinkIcon肥後三郎弓は、真竹とハゼを材料とし、鹿皮を煮たニベという接着剤を用いており、弓道界で高く評価されています。

竹製品竹製品

kougeihinlink.gif


窪地 成俊
宮崎 珠太郎(※)
※…崎の右上は「立」です

【肥後三郎弓】

松永 重昌、松永 弘澄

竹篭

肥後三郎弓