熊本の工芸品

玩具の歴史
子供の玩具は、身近な材料を使って親がつくって与えたものが多かったため、商品化してからも素朴さを残しています。
熊本には南国的で明るい風土にふさわしい郷土色豊かな玩具が伝承されており、土、木、紙、とバラエティに富んでいます。熊本市のおばけの金太・肥後ごま、人吉のきじ馬や羽子板などは代表的な玩具です。また、玉名郡玉東町の土製の木葉猿(このはざる)のようにもともと悪病封じ、盗難除けの縁起物だったものが、いつの間にか信仰の対象よりも玩具として有名になったものも少なくありません。八代市日奈久には木製のおきん女人形・板角力人形(いたずもうにんぎょう)など多様な玩具がありましたが、これは温泉みやげとして販路を保っていたためです。肥後てまりをはじめとする手まり類は、美しく完成された手工芸品であり、近年は鑑賞用に用いられています。

玩具玩具玩具

kougeihinlink.gif

きじ馬・花手箱・羽子板

肥後てまり

肥後まり

彦一こま

おばけの金太

天草バラモン凧

木葉猿

張子細工

くまもと一刀彫

お金女人形