熊本の工芸品

きじ馬・花手箱・羽子板

製作.gif: 江戸以前 原材料.gif:桐、朴

 きじ馬は、主に人吉地方で作られています。 キリ、ダラ、フジ、カシワなどを材料に、形に応じて胴体をこしらえ、色は黄、緑、赤の顔料を使っています。
 花手箱は、モミ、ヒノキ、スギなどの板で作った箱で、白で地塗りしたあと、赤と緑で椿の花をあしらっています。
 羽子板は、山キリの板片に、山椿をあざやかに手描きされています。  
 800年以上前、平家の落人が球磨地方に逃れ、人吉の奥地へ住みつき、都の暮らしを懐かしんで作りはじめたと伝えられ、人吉のえびす市で売られていました。華麗な色彩と素朴な形は、都人の香りと、豊かな土俗の匂いを漂わせています。

P0320-0000-FW01.jpg

kougeihinlink.gif

【玩具】
[きじ馬・花手箱]宮原 健男
[きじ馬・花手箱・羽子板]住岡 忠嘉

きじ馬・花手箱・羽子板

肥後てまり

肥後まり

彦一こま

おばけの金太

天草バラモン凧

木葉猿

張子細工

くまもと一刀彫

お金女人形