熊本の工芸品

肥後てまり

製作.gif: 江戸前期 原材料.gif:ヘチマ、綿、木綿糸、刺繍糸

 芯にヘチマを使い、フランス刺繍の糸でさまざまな模様を施しています。 「あんたがたどこさ」の唄を生んだのは、この肥後てまりです。  
 江戸時代、各藩の城勤めの奥女中たちが手なぐさみで作り始めたものが、各地の城下町に伝わり、代々肥後の女性に受け継がれてきました。明治の中頃から、ゴムまりの普及で姿を消していましたが、昭和43年に肥後てまり同好会ができ、技術が伝承されています。

2肥後てまり6.jpg

きじ馬・花手箱・羽子板

肥後てまり

肥後まり

彦一こま

おばけの金太

天草バラモン凧

木葉猿

張子細工

くまもと一刀彫

お金女人形