熊本の工芸品

おばけの金太

製作.gif: 江戸後期 原材料.gif:紙、木、竹、胡粉(ごふん)

 黒い鳥帽子に赤い顔、どんぐり目。 頭の中の部分に竹バネを仕込み、ヒモをひょいと引くと、どんぐり目玉がひっくり返ってあかんベェをします。 このカラクリがミソの郷土玩具です。  
 加藤清正が熊本城を築く際、金太という足軽がいて、顔だち面白く、人を笑わせることが上手で 「おどけの金太」と呼ばれて人気者だったといわれています。嘉永年間に、人形師の西陣屋彦七(にしじんやひこひち)が金太の伝説をもとにカラクリ人形を作り出したのが原型だといわれ、後に「おばけの金太」別名「目くり出し人形」とも呼ばれるようになりました。

P0390-0000-FW01.jpg

きじ馬・花手箱・羽子板

肥後てまり

肥後まり

彦一こま

おばけの金太

天草バラモン凧

木葉猿

張子細工

くまもと一刀彫

お金女人形