sign.png

お問い合わせ先

4_.gif| kougeikanをフォローしましょう |kids.gif

熊本の工芸品

木葉猿

製作.gif: 江戸以前 原材料.gif:地元産粘土

 型を使わず指先だけで粘土をひねって作り、素焼きの荒いタッチの素朴さと、とぼけた味の玩具で、もとは無彩ですが、彩色したものもあります。 三匹猿・子抱猿・飯喰猿など10種類位あり、悪病・災難除け、子孫繁栄などのお守りとして用いられています。  
 養老7年(723年)の元旦に「虎の歯(このは)」の里に住んでいた都の落人が、夢枕に立っ た老翁のお告げによって奈良の春日大明神を祀り、木葉山の赤土で祭器をつくり、残った土を捨てたところ、それが猿に化けたという伝説から生まれたものと伝えられています。玉名郡玉東町で作られています。木葉の里は、薩摩藩の参勤交代の道中にあたっていたので、土産品として江戸時代から国内各地で広く愛玩されています。
 永田家は唯一の窯元で、先祖伝来の技法を守り続けています。

P0410-0105-FW01.jpg

熊本の工芸品

きじ馬・花手箱・羽子板

肥後てまり

肥後まり

彦一こま

おばけの金太

天草バラモン凧

木葉猿

張子細工

くまもと一刀彫

お金女人形