熊本の工芸品

張子細工 製造工程

原材料.gif: 和紙、ふのり、胡粉(ごふん)



1.面や獅子頭などの制作するものの型を作る。
木を彫る

2. 表面に軟らかい紙で水張りする

3.その上に和紙をふのりで、はり重ねる。
一度にはるのは4枚~5枚程度で、物によっては8枚~30枚ぐらいに、はり上げる。

4.乾いたら型脱ぎをする。
複雑な形の場合は切込みを数ヶ所入れて型からとりはずす

5.切り込みは、ニカワで接着し、めばりをしておく。

6.塗装は地塗りを胡粉で塗った上に塗料で上塗りする。
胡粉は数回厚塗りにして表面をペーパーで研いでなめらかにしておく。

7.塗りは、泥絵具・合成樹脂塗料・漆など。

きじ馬・花手箱・羽子板

肥後てまり

肥後まり

彦一こま

おばけの金太

天草バラモン凧

木葉猿

張子細工

くまもと一刀彫

お金女人形