熊本の工芸品

小代焼 製造工程

原材料.gif 小岱山粘土、天草陶石



1. 配合
原土を配合する。

2.水簸(すいひ)
原土を撹拌機(かくはんき)で撹拌して泥漿(でいしょう)にする。

3.脱水
フィルタープレスで脱水する。又は、天日で粘土状まで乾かす。

4.土練
土練機で練る。

5.手練
手で練り上げる。

6.成形
蹴ロクロ、電動ロクロ、石膏型等で成形する。

7.仕上
半乾きの時、平金カンナ等で仕上る。

8.乾燥
完全に乾燥させる。

9.素焼
700℃~900℃で素焼きする。

10.施釉(せゆう)
釉薬を素焼地に施す 

11.本焼
1250℃~1300℃で焼成する。

製作現場風景
1.jpg2.jpg3.jpg4.jpg
5.jpg6.jpg7.jpg

小代焼

高田焼

松橋焼

天草陶磁器