熊本の工芸品

高田焼(こうだやき) 製造工程

原材料.gif 日奈久陶土、天草陶石



1. 原料粉砕
原土を乾燥し、粉砕し、ふるいにかける。

2.水簸(すいひ)
攪拌機(かくはんき)又は手作業で泥漿(でいしょう)にし水簸(スイヒ)する。

3.脱水
手作業又はフィルタープレスで脱水する。

4.土練
手作業又は土練機で練る。  

5.成形
蹴ロクロ、電動ロクロ、石膏型で成形する。

6.仕上
半乾きの時、平金カンナなどで仕上げる。

7.象嵌(ぞうがん)
竹ベラ又は押印によって凹刻し、天草陶石を埋め込み、表面を仕上げる。

8.乾燥
完全に乾燥させる。

9.素焼
700~950度で素焼する。  

10.施釉
土灰、長石、石灰で調合した釉薬をかける。

11.本焼
ガス窯、重油窯などで1250~1300度で焼成する。


小代焼

高田焼

松橋焼

天草陶磁器