熊本の工芸品

内田皿山焼

製作.gif: 江戸中期 原材料.gif天草陶石、水簸陶土


 天草陶石を原料として、白磁の食器類を中心に作られています。 絵付けは、呉須染付の荒磯くずし、雲竜文などがあります。

 天草地方では、1700年代に盛んに磁器が焼かれ、内田下皿山の窯跡からも古陶片が数多く発見されています。その染付仕上などの特徴が下津深江焼(しもつふかえやき)に酷似しており、規模の大きさと相まって「幻の窯」として注目を集めています。
 この当地に、古内田皿山焼を再興させようと昭和45年木山陶石工業所の木山勝彦が、自社の生産する天草陶石を原料とした白磁の食器類を中心に作品を作っています。


径42.5cm×深さ7.5cm.jpg

小代焼

高田焼

松橋焼

天草陶磁器