熊本の工芸品

高浜焼

製作.gif: 江戸中期 原材料.gif天草陶石


 天草西海岸に産出される純度の高い陶石を使用した磁器です。 白磁の食器類を中心に作られており、透き通るような白さは、他に類をみません。

 宝暦12年(1762)上田伝五右エ門が天草西海岸に産出される純度の高い陶石を使用して磁器を作るため、肥前の陶工を招いて窯を開き、白磁の生産をしたのが始まりです。安永6年(1777)オランダ貿易の長崎奉行によりオランダ向きの焼物製作を命じられ、染付色絵の欧風皿などの生産をし、明治33年まで続けられましたが、廃窯しました。昭和40年、再興され、白磁の壺、食器などが作られています。




(径46cm×深さ7cm.jpg

小代焼

高田焼

松橋焼

天草陶磁器