熊本の工芸品

鮫皮漆塗細工 製造工程

原材料.gif:エイ(サメ)皮、漆


1.台木作り
金具デザインに合わせて糸鋸(いとのこ)、小刀(こがたな)で原型をつくる。

2.鮫皮(さめがわ)を張る
鮫皮を水に浸し、柔らかくして、接着剤で張る。

3. 整形
原型に合わせてはみ出した部分を削り落とす。

4.漆塗り
漆刷毛(うるしばけ)で漆を塗る。
1回塗るごとに湿度70~80%で12時間乾かす。
広い部分が埋まるまで7~10回塗り重ねる。

5.模様出し
模様を見ながらヤスリで山をすりおろす。

6.ヤスリ目を消す
再度、漆を塗り、ヤスリの擢(す)り目を埋める。
ペーパーでヤスリ目を消すように研ぎおろす。

7.胴擢り
#1000のペーパーで表面をなめらかにし、水砥粉(みずとのこ)で磨く。

8.艶(つや)出し
生漆を綿花に含ませて、擢(す)り込み、適湿で乾かす。角の粉、油で3回磨く。

作業工程
鮫皮漆塗細工1.jpg鮫皮漆塗細工2.jpg鮫皮漆塗細工3.jpg鮫皮漆塗細工4.jpg

花ござ

かずら細工

三弦の駒・撥

太鼓

鮫皮漆塗細工

屋根飾瓦細工

屏風・表具・扁額