熊本の工芸品

屋根飾瓦細工

製作.gif: 江戸中期 原材料.gif:地元産瓦粘土


 下益城小川地区で産出する良質の瓦粘土をヘラで形を整え、乾燥した後、磨き焼き上げます。 鬼瓦、置物として利用されます。

 古寺の瓦を葺き(ふき)替える時、鬼瓦の裏に製造年月日がかかれており、それによると200年~300年も以前の鬼瓦が雨風にさらされて現在も使用されているものもあります。
 従来、宇土、小川地区には、良質の瓦粘土を産出し、それを利用して生産技術が伝承されてきています。熊本に石膏型が入ったのが、昭和初期、現在は、プレス金型の全盛期で右も左も同型の鬼瓦が座り、個性がなくなりました。近年は、多様化、高級化の時代になりつつあり、型の変わったもの、品質、美観共に良い手造りの品が求められようとしています。装飾置物としての需要が多くなっています。

屋根飾瓦細工作品2.jpgIMG_5887.JPG

花ござ

かずら細工

三弦の駒・撥

太鼓

鮫皮漆塗細工

屋根飾瓦細工

屏風・表具・扁額