熊本の工芸品

紙工品の歴史
熊本の製紙は中世に始まり、江戸時代に藩の殖産政策もあって発展し、明治から昭和にかけては全国でも上位の紙の産地となっていました。紙漉き場は八代市、菊池市、人吉市、鹿本郡、玉名郡に散在していました。
鹿本地方では楮(こうぞ)の生産が盛んで、加藤清正に伴って来た朝鮮の技術者、道慶・慶春などによって和紙製造の技術が伝えられ、生産された和紙は、江戸期から昭和初期にかけて作られていた山鹿傘や、山鹿灯籠などの紙工芸の原料として用いられました。現在は和紙の生産は途絶えています。
八代市では宮地で手漉き和紙が作られ、加藤家、細川家の保護を受け、後には八代城主の松井家の御用も務めました。現在、1軒のみ技術を伝えています。
和紙を用いた工芸品としては、和紙と竹を用いて柿渋を塗って仕上げる山鹿市来民(くたみ)の来民渋うちわ、和紙と糊だけで立体的な作品を作る山鹿灯籠などがあります。

木工品木工品

「来民渋うちわ」

[栗川商店]栗川 亮一

「宮地手漉和紙」

宮田 寛

「山鹿灯籠」

徳永 正弘

「手漉き和紙」

[水俣浮浪雲工房]金刺 潤平

「屏風・表具」

魚返 倫央

宮地手漉和紙

山鹿灯籠

来民うちわ