熊本の工芸品

山鹿灯籠(やまがとうろう)製造工程

原材料.gif 楮手漉和紙、金銀箔紙又は色紙



1.企画設計工程
灯篭紙:楮(こうぞ)手漉和紙、金・銀箔紙→材料選別→原紙裏打→裏打台帳→乾燥
歩紙:楮手漉和紙、金・銀箔紙→柿渋引き和紙→歩紙歩(ぶがみぶ)つき
型紙:楮手漉和紙、金・銀箔紙→柿渋引き和紙→雛形取り→切り離し

2.部分切込工程
1.毛がき→台座切り.灯袋切り.紋柱切り.紋切り.爛間切り.弓切り.紋紙切り
2.歩つき→蛍貝ひき→天井切り.六角切り.束柱切り
3.型紙毛がき→擬宝珠(ぎほうし)切り.足切り.足がれ切り.蕨手(わらびて)切り.手びれ切り.底紙切り

3.部分糊つけ工程(部分組立)
そくい糊造り:擬宝珠→蕨手(わらびで)・足・弓→天井・台座・六角.・束桂→紋・紋桂・紋紙・手だれ・爛間・灯袋・足びれ

4.全体組立
灯袋造り→地窓造り→天窓造り→紋造り→底紙張り→足つけ→蕨手つけ→天井張り→擬宝珠造り→点検→製品

製作現場風景
000-000-10.jpg000-000-11.jpg000-000-12.jpg
000-000-13.jpg000-000-14.jpg

「山鹿灯籠」

徳永 正弘

宮地手漉和紙

山鹿灯籠

来民うちわ