熊本の工芸品

刃物 製造工程

原材料.gif:刃金…刃物用炭素鋼
       地金…刃物用軟鉄

1.材料とり
火造炉(石炭)で加熱してタガネで割り込みをする。

2.鍛接
地金に刃金をはさみこんでホウ酸等接着剤をふりかけて1100度~1200度に加熱して鍛接する。

3.火造鍛造
鍛接後3~4回加熱、鍛造を繰り返してハンマーで原形を造る。

4.焼きなまし
もう1回焼いて徐冷して錆(さび)をとり鍛造時のひずみをとる。

5.形とり
それぞれの形に切断する(ハンドシャー)。

6.刻印入れ
刻印を打ちこむ。

7.整形
ハンマーで軽く全体をならす。

8.仕上げ研削
湿式砥石を荒・中・仕上げと用意し、刃先が焼きもどし温度より上がらないように研削時の発熱に留意して仕上げる。

9.防錆(ぼうさび)加工
汚れを落とし、錆(さび)止めのニスを塗る。

10.柄付け
別工程で作られた木柄に刃物の柄尻を打ちこむ。