熊本の工芸品

肥後鐔(ひごつば)

製作.gif:江戸前期  原材料.gif:玉鋼、和鉄


 刀剣と同じ玉鋼(たまはがね)を鍛錬(たんれん)し、鉄の色、姿かたちの美しさ、それに象がん(ぞうがん)や透かし彫りが施されます。品格があり、拵(こしらえ)に調和し、なによりも実用性を重視した工芸品です。
 寛永9年(1632)細川忠利は肥後に転封し、父の忠興(三斎)は、時の名匠を召抱え刀剣金具の技倆の奨励をはかりました。
 工人としては、林又七、平田彦三、志水仁兵衛、西垣勘四郎らがおり、別派に、三角倖司、遠山頼家がいます。

p0050-0000-fw01_.jpg