肥後ひごまり

higomari 江戸時代から伝わる各地のてまりを参考にして、昭和40年頃から作り始められました。もみがらを芯とし、草木染めした木綿糸で模様を作ります。

 

製作開始年代:昭和(戦後)
原材料:もみがら、木綿、草木染木綿糸

 

  【肥後まり】
  [肥後まりの会]山隈 政子

肥後まり 製作工程

芯作り

 もみがらを芯にして、草木染木綿糸の細めの地糸で球を作る。

模様づけ

工程1の上から同じく草木染木綿糸の大き目のかけ糸で模様をかぶって作り上げる。