おばけの金太

obakenokinta黒い鳥帽子に赤い顔、頭の中の部分に竹バネを仕込み、紐を引くと目玉がひっくり返り、長い舌をペロリと出すカラクリが仕掛けられています。
 加藤清正が熊本城を築く際、金太という足軽がいて、顔立ちが面白く、人を笑わせることが上手で「おどけの金太」と呼ばれて人気者だったといいます。19世紀の中頃(嘉永年間)、人形師の西陣屋彦七(にしじんやひこひち)が金太の伝説をもとにカラクリ人形を作り出したのが原型だといわれ、後に「おばけの金太」(別名「目くり出し人形」)と呼ばれるようになりました。

 

  【おばけの金太】
  厚賀新八郎

おばけの金太 製作工程

型作り

 厚紙2枚を型に入れ、顔の型を作る。

穴あけ

 目と口の部分となる穴をあける。

目張り

 前張りを貼り付け、目張りをする。

塗り

 地塗りとして、胡粉(ごふん)を塗り、その後、赤色塗料を塗る。

からくり付け

 目、口を動かすためのからくりをつける。

台つけ

 台及び鳥帽子(えぼし)をつける。

仕上

総仕上げをする。