刃物

 かつて各地の農村には生活必需品の鍬・鎌・包丁などを作る鍛冶屋がおり、刀鍛冶と区別して野鍛冶と呼んでいました。
 熊本市川尻は、室町末期からの鍛冶屋町で、江戸時代には肥後藩の造船所が設けられて、鍛冶が盛んになりました。特に包丁を主力とする川尻刃物は有名です。
 人吉市鍛冶屋町は約800年前の鎌倉時代に作られたといわれています。60軒程の鍛冶屋が、平時は農作業の刃物を作り、戦いが始まると武具を作っていました。昭和初期まで多くの移動型鍛冶屋が集まっており、球磨地方から宮崎県にかけての農村を廻って農具や山仕事用の鉈や斧を作ったり修理したりしていました。
 その他、宇土市、美里町、八代市などでも手打ち刃物が作られています。
 鋸(のこ)は、現在鍛造による製造が少なくなるなか、人吉市で昔ながらの製造法を用いて作られています。主材料は安来鋼で、鋸の切れ味を増す工夫がなされています。

川尻刃物

 約500年前の室町時代(応仁年間)薩摩の「波平行安(なみのひらゆきやす)」の流れをくむ刀鍛冶が起源と言われています。その後江戸時代に入り細川家で五ヶ町の制をしき、この川尻町の商人は、他町の商人と区別され厚い保護を受け、川尻は、肥後の有数の開港場として、造船所とともに川尻刃物や木工関係、その他(寺の鐘以外)なら何でも作っていたと言われています。
 川尻刃物は「割込み鍛造(わりこみたんぞう)」という方法で作られています。 地金(極軟鉄(ごくなんてつ))に良質の鋼(はがね)を挟み込んで、手打で鍛え上げるもので、切れ味、耐久性に優れ、重厚な美を備えています。 戦前には、50軒ほどの鍛冶屋がありましたが、現在は2軒(平成25年現在)が生産を行っています。 また、川尻刃物の流れをくむ手打刃物が宇土市にあります。 現在、包丁などの刃物を中心に、鍬・鎌等の農作業用具、漁具など多様な製品を作っています。
 天草鍛冶は、元寇の役に戦功を立てた天草郷土の功績で、信州諏訪大社の御分霊を本渡に迎え奉斉しました。その時の随身に倭鍛冶がいて技法を伝えたという説と、その頃、高麗の船が漂着し、その中に鍛冶の心得のある者がいて天草鍛冶を起こしたという説があります。
 古代日本の農具の鍬は風呂鍬と呼ばれ、京鍬、尾州鍬、江戸鍬に天草鍬が数えられ4代表になっていることは、古代天草の文化がしのばれます。天草の乱後、初代代官になった鈴木重成公は、諏訪神社の大祭を7日間として農具市を開設しました。この奨励により農具鍛冶が振興、農具市は、後年九州三大市のひとつと言われる本渡の市へと発展しました。戦前は、天草島内にも20数件の鍛冶がありました。

 

製作開始年代:江戸以前
材料:刃金…刃物用炭素鋼 地金…刃物用軟鉄

 

  【川尻刃物】
  林 昭三
  ▼林 精一

人吉球磨刃物

 人吉球磨刃物は、鎌倉幕府の地頭として遠州(静岡県)より赴任して来た相良氏が、九州と当地の技法をあわせた独特の鍛冶技術を編み出させたのが始まりといわれています。人吉城主相良侯をはじめとして、球磨地方には数ヶ所の城跡があり、その関連で数多くの刀工がいたものと思われ、その人たちのよって刃物の製造法が伝えられたのではないかといわれています。
 人吉・球磨刃物の中では特に球磨鎌で知られる造林鎌が有名で、この地方は山林業が盛んであり、斧、鉈、造林鎌などは主要生産品です。 これら山林用の道具は、改良に改良を加えて、使い良いことは他の追従を許さないものがあります。 現在、山林用道具の需要が少なくなり、包丁等の刃物を中心に、レジャー用のナイフなども作られています。  

 

製作開始年代:江戸以前
材料:刃金…刃物用炭素鋼 地金…刃物用軟鉄

 

  【人吉球磨刃物】
  川村 勝行
  蓑毛 裕(雅号:友光)
  蓑毛 稔
  ▼蓑田 正次
▼西山 勝
  樺山 五昭
  樺山 明
▼木村 忠義
  栗須 敦志
  ▼上米良 秀人

鋸(のこ)

現在鍛造による製造が少なくなる中で、安来鋼(やすきハガネ)を火床で何度もたたきあげる昔ながらの製造法を用いて作られており、鋸の切れ味を増す工夫が絶えずなされています。

 

製作開始年代:江戸以前
材料:刃物用炭素鋼

  【人吉球磨刃物・鋸】
  [岡秀]岡 正文

手打ち刃物

  【手打刃物】
  小山 博行
  小山 昭博
盛 径博
  ▼小山 春喜
  隈部 寛
  ▼盛高 經猛