樺山 明

【人吉球磨刃物】
樺山 明(かばやま あきら)
[樺山鍛冶工場/リブラ工房]
-球磨郡あさぎり町-

 

1968年生まれ。工学院大学専門学校建築科研究科卒。樺山鍛冶工場3代目
2000年リブラ工房開設
2002年渡伊し、鍛造マエストロ、セランティ・ルチアーノ氏のもとで鍛鉄造形の基礎を学ぶ(イタリア・オルヴィエト)

樺山明

あさぎり町の一角にある樺山鍛冶工場は1904年に樺山武義さんが創業。現在は孫にあたる明さんが3代目として伝統の技を引き継いでいます。先代の五昭さんまでは、包丁・鎌・斧・ヨキ・ハサミ・鍬・鉈・クサビなど農林業などの道具を主に制作していましたが、明さんがイタリアの鍛造マエストロ セランティ・ルチアーノ氏のもとで鍛鉄造形を修行したことをきっかけに、2000年新たに洋鍛冶部門としてリブラ工房を設立しました。
現在は山林用道具などの需要が少なくなり、包丁やアウトドアナイフなどの他、“ロートアイアン(Wrought Iron)”と呼ばれるどこか懐かしく人の温もりを感じる門扉や手すり・窓格子などの室内外装飾品もオーダーで制作しています。