林 昭三

【川尻刃物】
林 昭三(はやし しょうぞう)
林刃物製作所
-熊本市-

 

1928年熊本市生まれ
3代続く鍛冶屋の4男として生まれ、徴兵で亡くなった兄に替わって昭和21年から4代目としてこの道に
川尻刃物で最も長い歴史を数える大ベテラン

林昭三

熊本が細川藩主の時代、職人町として栄えた熊本市川尻。なかでも川尻刃物の歴史は古く、室町時代に“波平行安(なみのひらゆきやす)”の流れをくむ刀鍛冶が始まりといわれています。
今では数少ない鍛冶屋の中で、最も長く川尻刃物を作り続けているのが林昭三さんです。林さんの包丁は、長年変わらない切れ味が特長。数十年使い込んだ菜切り包丁の研ぎ直しを依頼されることも多く「良いモノを作ると長持ちするから、儲けにはなりませんね」と苦笑い。試しに研ぎ修理を終えた包丁の刃先を1枚の新聞紙に当てるとスッパリと一刀両断。抜群の切れ味は長年使い込んだものとは思えないほど。
単純な工法で大量生産される包丁が主流の今、林さんが手作業で作る包丁は、せいぜい3日で10本程度。さらにプロ用となると、1本を作るのに3日がかりだそうです。軟らかな鉄の中心に溝をつけ、島根県で採れる良質の“安来鋼(やすきはがね)”を挟み込む。炉で熱を加え、1000℃に達したところで叩き付けて密着させていく。これが “割込み鍛造(たんぞう)”の手法です。1500℃になると鉄が溶けてしまうため温度の見極めが難しく、長年の勘がモノをいいます。