岡 正文

【人吉球磨刃物・鋸】
岡 正文(おか まさふみ)
鋸刃物鍛冶 岡秀
-人吉市-

 

1956年熊本県人吉市生まれ
高校卒業後、兄とともに父に師事。鋸鍛冶の修行をしていた矢先、兄が急逝
家業「岡秀」の2代目となる。2008年「森の名手・名人」に認定

岡正文

鋸といえば、型押プレスによる大量生産。そんなイメージの方が多いと思いますが、岡さんの鋸は明らかに違います。刃先の並び方に目を凝らすと、実に巧妙な手仕事だと分かります。1目ずつ左右に歯を振り広げた横鋸刃で木の繊維を裁断し、垂直の縦鋸刃が残りを削り取ります。その横に、おが屑を逃がす“湾”を設けることで、縦挽きにも横挽きにも抜群の切断能力を発揮します。高い技術を要するこの改良刃鋸を作っているのが、人吉市『岡秀』二代目の岡正文さん。九州で唯一の鋸鍛治師です。
安来鋼(やすきはがね)を鍛造し、金床で形を整えてから形成、目落とし、荒目立て、焼入れ、焼き戻しなど17もの工程を必要とする鋸鍛冶。鋸1本につき約65の目数を付ける目落としは、両側の角度を微妙に内側にすることで力が集中するよう調整。中でも「これが出来ないと鋸鍛冶師にはなれない」という作業が、歪(ゆが)み取りと目立てです。一作業ごとに生じる歪みやねじれを、歪みヅチで叩きながら折り合いをつけます。歯の1本ごとにヤスリや砥石で角度を修繕していく目立ては、最低でも3回は必要です。

 

鋸(のこぎり) 製作工程

原材料:刃物用炭素鋼

鋼板裁断
熱処理

 重油炉で焼く。

圧延・整形

 ハンマーで叩きのばし、グラインダーにかけ整形裁断する。

目オトシ・荒目立て

プレスして目オトシし、荒目立てを行う。

焼入れ

 800度位に焼いて種油につける。

焼戻し

 300度位に焼いて焼戻す。

ヒズメ取り・平面研磨

 汚れを落とし、錆(さび)止めのニスを塗る。
 研磨機にかけて磨く。
 中ヒズミ取り
 仕上研磨

アサリ出し

 歯と歯の間の巾をとる。

仕上げ目立て
柄つけ