肥後象ひごぞうがん(ひごぞうがん

higozougan 熊本県の工芸品の代表にあげられる肥後象がんは、地鉄に金銀をはめ込み様々な模様を表現する工芸品です。
 肥後象がんは、約400年前の江戸時代初期に、鉄砲鍛冶が鉄砲の銃身や刀剣の鐔に装飾として象がんを施したのが始まりといわれています。特に、細川忠興が時の名匠を召し抱えて刀剣金具の製作にあたらせ、技量の奨励をはかったため、鐔や刀装金具類など数多くの名作が産み出され、全国的にも「肥後金工」として高く評価されました。江戸時代の金工には、肥後象がんの始祖といわれる林又七を始めとする林家をはじめ、西垣、平田、志水の4家と幕末の神吉家があげられます。明治維新の廃刀令を受けて刀剣金具の需要が減りましたが、その技術を生かした装身具などが作られるようになりました。
 昭和には、国の重要無形文化財保持者に認定された米光太平や、県の重要無形文化財に認定された田辺恒雄らにより後継者の育成がなされ、肥後象がんの技術が伝えられています。
 技法には、布目象がん、彫り込み象がんなどがありますが、現在、多くは布目象がんの技法で製作されています。黒い鉄地の中に金銀の装飾がはめ込まれ、武家文化の伝統を感じさせる重厚感・高い品格が感じられる文具や装身具が作られています。

肥後象がんの制作工程

製造工程(布目象がん)

1.生地を磨く

地鉄の表面に少量の水をのせ、サンドペーパーを用いて研磨する。地鉄の表面の錆や汚れを完全に除去する。

2. 下絵描き
磨き終わると象がんを施す部分の下絵を描く。あらかじめ和紙に描いた図案を地鉄の上に直接毛筆で写す。

3.布目切り

象がんを施す部分の鉄地にタガネで布目状に切る。
(「縦」・「横」・「斜め2方向」の四回違う方向に刻み目をつける。)

4.打込み

金・銀・銅等の板や線を、下絵を追いながら、鹿の角で打ち込む。

5.叩きしめ

小さな金槌で金銀の表面を金槌で叩きしめる。

6.布目消し

鉄地に残った余分な刻み目を「キサキ」を使って磨き、布目を消す。

7.毛彫り

金・銀の表面を朴炭で軽く砥ぎ、ヘラで入念に磨きあげたのち、模様を彫り込む(毛彫)。

8.錆(さび)出し

長持ちさせるため、錆液を塗って鉄地に錆を発生させる。
錆出し液を全体にむらの出ないよう布で液を塗り、火にかけて焼くという作業を繰返す。
錆出し液は秘伝中の秘伝といわれる。

9.錆(さび)止め

お茶の液に浸して煮る。タンニンの化学変化によって、鉄地の表面に黒い鉄錆を出すことで、鉄の酸化を防止する。
肥後象がんの特色は鉄錆(てつさび)を意識的に出し、それによって鉄と空気を遮断し、錆止めの効果を出す点にある。

10.焼き付け
油を塗って3回程度焼き付ける。

11.仕上げ
鉄錆を刷毛でこすり、表面の錆を落として拭き上げて完成させる。