ローゼン三早枝

【陶磁器】
ローゼン 三早枝(ろーぜん みさえ)
Rosen Clay Studio
-熊本市-

ローゼン三早枝

土の触感をそのままに生かしつつ、ときには大胆に、ときには繊細に。ローゼン三早枝さんの手から生まれる作品は、モダンで斬新なデザインでありながら、どこか懐かしい気持ちにもさせてくれます。
ローゼンさんと「土」との出会いは偶然でした。武蔵野美大では視覚デザインを専攻。帰熊後、美術の教員免許取得に不足していた工芸単位を取るため、熊本大学で聴講生として2年間学びます。そのときたまたま開講していたのが陶芸でした。
3年間の中学教員生活、結婚、出産などを経て、本格的な作陶を始めたのは末娘が2歳になったころ。現在は、熊本市の自宅裏にアトリエを構え陶芸教室を主宰しています。生活の器の他、布のような曲線を持つ陶板のオブジェなどデザイン性豊かな作品も手掛けています。
「陶芸は、最後は窯の力にまかせます。思い通りにはできないし、完ぺきということがない。やってもやっても奥深く、終わりがないからやめられないんです」