近藤聖傳

【陶磁器】
近藤聖傳(こんどう せいでん)
陶房 円満寺窯(えんまんじがま)
-大津町-

 

1972年に九州産業大学芸術学部デザイン学科を卒業
福岡市内のデザイン会社に勤務
熊本県工業試験場窯業部で研修し、1978年に円満寺窯を開窯
1984年現在地に登り窯を作る

円満寺窯

平安初期、無動寺の禎快(ていかい)上人により創建されたと伝えられる円満寺。加藤清正公が熊本城築城の折、地鎮の法を行なったのが円満寺の僧・悟智(ごち)であったといわれています。以来、熊本城の東北に位置することから、城の安全の祈願所として手厚く遇され、細川氏も加藤氏の遺志を継ぎ、円満寺の保護に当たりました。現在も庫裡(くり)の屋根に残る九耀(くよう)の紋がその歴史を物語っています。この由緒あるお寺の境内に、近藤聖傳(せいでん)さんの陶房 円満寺窯はあります。
近藤さんは、1972年に九州産業大学芸術学部デザイン学科を卒業して、福岡市内のデザイン会社に勤務した経験があります。その後熊本県工業試験場窯業部で研修し、1978年に円満寺窯を開窯しました。1984年には現在地に登り窯も作りました。
人の心を動かす力のある焼き物づくりをテーマに、焼き締めや粉引きなどジャンルにこだわらない作品を制作。粘土を素材にして、木や布のような質感を持たせた作品も人気があります。