今和泉 俊子

【染織】
今和泉 俊子(いまいずみ としこ)
創作工房(そうさくこうぼう)
-熊本市-

 

今和 泉俊子

熊本市内を東に見下ろす金峰山を登る途中に、今和泉俊子さんが営む「創作工房」があります。
今和泉さんはもともと熊本県工業試験場の窯業科を卒業した陶芸家。
母の睦子さんが体調を崩したのをきっかけに、睦子さんから雑草織と服飾デザインを学びました。その後、全面的にその仕事を受け継ぎます。
今和泉さんが制作する洋服やバッグの主な素材は、なんと道端によく生えているポンポン草といわれる「野からむし」からとった繊維。いわゆる雑草です。この他に、紙を作る素材である楮(こうぞ)から採った繊維も。素材の採取から作品にするまで、全ての工程を今和泉さんが1人で行っています。
「こんなに大変な仕事なのに続けていけるのは、作る喜びを知っているから」と、笑う今和泉さんです。